ごあいさつ

はじめまして。院長の小竹俊郎といいます。
当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。
これまで私は整形外科領域の疾患と外傷、つまり外傷(けが、骨折など)、スポーツ障害、肩関節疾患・膝痛・腰痛・肩こり、関節リウマチ、骨粗鬆症など多岐にわたる疾患を扱ってきました。前任の三菱京都病院では整形外科科長として、年間約400症例の手術を、おもに関節鏡を用いた手術(投球障害肩、肩関節不安定症、拘縮肩、肩腱板断裂、スポーツ膝障害など)、人工関節手術、脊椎手術、手の手術などを行ってまいりました。このように私は、これまで整形外科医になってから、手術を中心に診療を行ってきました。しかし、整形外科では手術を必要としない患者さんが圧倒的に多くおられることを知りました。また手術適応であっても、手術を希望されない患者さんもたくさんおられました。これら手術を選択しない圧倒的多くの患者さんに対して、なんとかできないだろうかと自問自答してきました。考えることだけでなく、よりよき保存的治療を求めて、行動することが大切と考え、満足して頂ける保存的治療を行うため開業いたしました。特に運動療法に重点をき、リハビリ室を可能な限り大きくし、常勤理学療法士と運動器セラピストを配置いたしました。運動療法は医療保険だけでは、治療期間に限界があるため、通所デイケアー施設(きぼうリハセンター・短時間のリハビリテーションに特化した施設)を併設し、介護保険でも運動療法が行えるように取り組んでいます。
医療は最高のサービス業と考えております。言葉を変えれば、医療とは患者さんの本当に必要としている事を理解尊重し、望んでいる事に導けるようにすることだと考えます。患者さんの最高のアドバイザーとなり、守る者となれるよう頑張ります。地域の医療と福祉の発展のため貢献できるよう努める所存です。皆様のご指導を仰ぎ、医療レベルの向上にむけてひた走り続ける所存です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

役職・資格など

役職
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員
・関西臨床スポーツ医科学研究会 幹事
・川西医師会所属

資格
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・日本体育協会スポーツドクター
・日本医師会産業医
・日本抗加齢学会専門医
・ケア・マネージャー
・日本運動器リハビリテーション学会リハビリ医
・日本整形外科リウマチ医
・日本整形外科スポーツ医
・日本整形外科脊椎病医
・日本整形外科リハビリ医
・日本医師会健康スポーツ医
・身体障害者福祉法指定医

研修
新潟手の外科研究所にて血管吻合訓練
乳児股関節脱臼の超音波検査(新潟県はまぐみ療育センターにて研修)

  • 写真
  • 院長 小竹 俊郎
  • 【経歴】
  • ■京都大学医学部附属病院整形外科
  • ■大津赤十字病院整形外科
  • ■公立高島総合病院整形外科
  • ■神戸市立中央市民病院整形外科
  • ■三菱京都病院整形外科
  • ■こたけ整形外科クリニック(院長)